link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

心の置き所

最近気になったものがありました

沢庵和尚の不動智神妙録の中の第5章に心の置き所というのが出てきます。



 心を何処に置こうぞ、
 敵の身の働に心を置けば
 敵の身の働に心を取られるなり、

 敵の太刀に心を置けば
 敵の太刀に心を取られるなり、
 敵を切らんと思ふ所に心を置けば
 敵を切らんと思ふ所に心を取らるゝなり、

 我太刀に心を置けば
 我太刀に心を取らるゝなり、
 我切らじと思ふ所に心を置けば
 切られじと思ふ所に心を取らるゝなり、

 人の構えに心を置けば
 人の構えに心を取らるゝなり、
 兎角心の置き所はないと言ふ。

 或る人問ふ、
 我心を兎角余所へやれば、
 心の行き所に心を取りとめて
 敵に負けるほどに、
 我心を臍の下に押込めて
 余所にやらずして、
 敵の働によりて、転化せよと云ふ、
 尤も左もあるべき事なり。

 然れども仏法の向上の段より見れば、
 臍の下に押込めて余所へやらぬと
 云ふは段が卑しくし,向上にあらず、

 修行稽古が時の位なり、
 敬の字の位なり、又は
 孟子の放心を求めよと云ひたる位なり、

 上がりたる向上の段にてはなし
 敬の字の心持なり、
 放心の事は別書に印し進じ可有御覧候、

 臍の下に押込んで
 余所へやるまじきとすれば、
 やるまじと思ふ心を取られて,
 先の用かけ、
 殊の外不自由になるなり。

 或る人問うて云ふは,
 心を臍の下に押込めて働かぬも、
 不自由にして用が欠ければ、
 我身の内にて何処にか心を可v置ぞや、

 答へて曰く、右の手に置けば
 右の手に取られて身の用欠けるなり、
 心を眼におけば眼に取られて、
 身の用欠け申し候、
 右の足に心を置けば、右の足に
 心を取られて身の用欠けるなり、

 何処なりとも一所に心を置けば、
 余の方の用は皆欠けるなり。

 然らば即ち心を何処に置くべきぞ。

 我答へて曰く、
 何処にも置かねば
 我が身に一杯に行きわたりて、
 全体に延びひろごりてある程に、
 手の入る時は手の用を叶へ、
 足の入る時は足の用を叶へ、
 目に入る時は目の用を叶へ、

 其の入る所々に行きわたりてある程に、
 其の入る所々の用を叶ふるなり、
 万一もし一所に定めて心を置くならば、
 一所に取られて用は欠くべきなり、

 思案すれば思案に取らるゝ程に、
 思案をも分別をも残さず、
 心をば総身に捨て置き、
 所々に止めずして其の所々に在りて
 用を外さず叶ふべし、

 心を一所に置けば偏に落ると云ふなり、
 偏とは一方に片付きたる事を云ふなり、

 正とは何処へも行き渡ったる事なり、
 正心とは総身へ心を伸べて
 一方へ付かぬを言ふなり、

 心の一処へ片付きて一方は欠けるを
 偏心と申す也、

 偏を嫌ひ申し候、
 万事に堅まったるは、偏に落るとて
 道に嫌ひ申す事なり、

 何処に置かうとて思なければ、
 心は全体に伸びひろごりて行き渡りて
 有るものなり、

 心をば何処にも置かずして
 敵の働きによりて、当座々々、
 心を其の所々にて可用心歟

 総身に渡ってあれば、
 手に入る方には手にある心を遣うべし、
 足の入る時には足にある心を遣うべし、

 一所に定めて置きたらば、
 其の置きたる所より
 引出し遣らんとする程に、
 其処に止て用が抜け申し候、

 心を繋ぎ猫のやうにして余所へ
 やるまいとて我身に引止めて置けば、
 我身に心を取らるゝなり、
 身の内に捨て置けば、
 余所へは行かぬものなり、

 唯一所に止めぬ工夫、
 是れ皆修行なり

 心をばどっこにも止めぬが
 眼なり、肝要なり、

 どっこにも置かねばどっこにもあるぞ、

 心を外をヘやりたる時も、
 心を一方に置けば九方は欠けるなり、

 心を一方に置かざれば十方にあるぞ


と、このように書かれています


治療の中でも同じようにあてはまります。

治療するというところに心を置けば
治療するというところに心をとられます

症状を治そうというところに心を置けば
症状を治そうというところに心をとられます

手が痛いといわれ、手の方へ心を置けば
手の方へ心をとられます

肩がこったといわれ、肩の方へ心を置けば
肩の方へ心をとられます

治そうという心や
症状をなんとかしようという心に
心をとられていると

きちんと全体の把握ができないのと同じだと思います

どこにも心を置かず
全体にいきわたらせる事で
その場、その場の全体図を正確に把握できるのではないでしょうか

常にこのような状態で
治療に望みたいと思っています

治療のみならず、日常生活まで
このような状態になっていきたいとも思っています

東洋医学治療院 くつろか





スポンサーサイト
21:58 | 院長日記 | trackbacks (0) | edit | page top↑

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kutsuroka.blog9.fc2.com/tb.php/41-8e3eb504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。