link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

肩こりについて思う事

気になったので、肩コリについて思う事を書いて行こうと思います

肩コリというと、どのような状態の事を思い浮かべるでしょうか?

一般的には肩から首にかけての筋肉が緊張している状態を思い浮かべるのではないでしょうか?

人によっては肩が重い状態と答える方もいらっしゃるかもしれません

美容院やマッサージ屋さんで、肩こってますねーといわれると、肩から首にかけての筋肉が緊張している状態の事を指すと思います。

でも、肩こってますねーといわれるけど、自分ではそんな感じが全然しないし、こっていると感じていない人も多数おられます。

なぜでしょう?

まず、肩や首の筋肉はなぜ緊張するのか?を考えてみます

人間は普通に生活しているとき、立っていても座っていても歩いていても

腰から頭にかけては、地面に対して垂直になっている状態です。

座っている時は
地球の重力と自分の体重を、椅子と腰と背骨で支えている状態です

特に頭の部分は重いので(体重の十分の一ほどと言われています)首から肩にかけてかかる重さはかなりあります。
重さを支えるためには、筋肉を緊張させて(力をいれて)支えなければいけません。これは意識的にやっているわけではなく、無意識の状態でやっています。

試しに、上半身の力を抜いてみてください。そうなると地面に対してまっすぐな状態ではいられないと思います。

ですので、普段生活しているだけで、首回りや肩回り、背骨周囲、腰回りは緊張している状態が多いのです。

緊張していない状態はどんな時があるのかというと、地球の重力や体重を支えなくても良いとき(寝ている時や、水の中にいる時)などがあげられます。

ということで、肩や首周囲の筋肉は、どのような人でも2足歩行をしている限り、必ず緊張しています




次に、肩がこっている状態と肩コリを感じている状態の違いについて説明します。

肩コリを感じる、感じないは、肩周囲の筋肉の緊張とは別の問題です。

肩は前述したように、普通の生活をしていたら、ある程度はこっているからです。

これには、まず、姿勢の問題が関わってきます。

一般的に良い姿勢というと

横から見て、耳たぶの位置と肩の位置とふとももの付け根の位置と膝の位置とくるぶしの上2センチくらいの位置が一直線上にある事をいいます。

良い姿勢だと、上からかかってくる重力や自分の体重の重さを、ストレートに地面まで伝える事ができます。
必要のない負荷があまりかかっていない状態と言えます。

一方悪い姿勢、いわゆる猫背などの状態では
横から見て、耳たぶの位置から地面に対し、垂直に直線を引いた時に、肩の位置はやや後ろ
ふとももの付け根の位置はやや前、膝の位置はやや前、くるぶしの上2センチくらいの位置はやや後ろの状態
にきています。

この状態ですと、上からかかってくる重力や自分の体重の重さが、まず肩に乗り、そのあと肩より下の方へ伝わりにくくなっています。

体感として、肩で頭の重さや重力を支えている状態で、肩が重い、疲れると感じやすくなります。

特にハイヒールを履いている方は、普通の猫背の方よりも肩が前にいっているため、もっと肩の重さ、疲れやすさを感じてしまいます。

良い姿勢ですと、重力や体重を全身で支えているのに対し
悪い姿勢だと、重力や体重を、肩だけでほとんど支えているという違いがあるのです。

良い姿勢だと、肩だけで重力や体重を支えているわけではないので、肩コリはほぼ感じません。
悪い姿勢だと、ほとんど肩だけで重力や体重を支えているので、肩がこった、肩が重いなどと感じやすくなってしまうのです。





最後に肩コリの治し方です

前述のように肩周囲の筋肉は常に緊張しています。

肩コリがあるという方の肩周囲の筋肉の緊張をほぐしたところで
姿勢を良い姿勢に変えない限り、肩コリは治りません。

ほぐしているときや直後は気持ちよくても、すぐ元に戻ると感じるのはこのためです。

肩周囲の筋肉の緊張をほぐした後、良い姿勢を身体に覚えこませなければ肩コリは治りません。

厳密にいえば、肩周囲の筋肉の緊張がほぐれた状態で、良い姿勢を身体に覚えこませると、肩のコリそのものはあるけれど、肩のコリを感じにくくなるのです。

いくら揉みほぐしたところで、姿勢そのものを変えない限り、肩コリを感じる事は必ず起こってきます。

ですので、肩コリを治すには、肩だけを見るのではなく、全身をみる必要があります。
姿勢の問題は全身の問題だからです


また、これは一部の方ですが、一般的に良い姿勢といわれるような姿勢でなくても
肩のコリを感じていらっしゃらない方もおられます。

これは、重力や体重を肩で受け止めていない方が当てはまります。

重心の位置さえわかっていれば、良い姿勢でなくても、重力や体重をストレートに地面に伝える事もできるのですが、これは応用編になってきますので、今回は省略します。




結論として、肩コリが気になるのでしたら、姿勢を矯正したほうが
ただほぐすだけよりも治りやすい
と思います。

肩コリについて考える事でした。

東洋医学治療院 くつろか

スポンサーサイト
14:11 | 院長日記 | trackbacks (0) | edit | page top↑

心の置き所

最近気になったものがありました

沢庵和尚の不動智神妙録の中の第5章に心の置き所というのが出てきます。



 心を何処に置こうぞ、
 敵の身の働に心を置けば
 敵の身の働に心を取られるなり、

 敵の太刀に心を置けば
 敵の太刀に心を取られるなり、
 敵を切らんと思ふ所に心を置けば
 敵を切らんと思ふ所に心を取らるゝなり、

 我太刀に心を置けば
 我太刀に心を取らるゝなり、
 我切らじと思ふ所に心を置けば
 切られじと思ふ所に心を取らるゝなり、

 人の構えに心を置けば
 人の構えに心を取らるゝなり、
 兎角心の置き所はないと言ふ。

 或る人問ふ、
 我心を兎角余所へやれば、
 心の行き所に心を取りとめて
 敵に負けるほどに、
 我心を臍の下に押込めて
 余所にやらずして、
 敵の働によりて、転化せよと云ふ、
 尤も左もあるべき事なり。

 然れども仏法の向上の段より見れば、
 臍の下に押込めて余所へやらぬと
 云ふは段が卑しくし,向上にあらず、

 修行稽古が時の位なり、
 敬の字の位なり、又は
 孟子の放心を求めよと云ひたる位なり、

 上がりたる向上の段にてはなし
 敬の字の心持なり、
 放心の事は別書に印し進じ可有御覧候、

 臍の下に押込んで
 余所へやるまじきとすれば、
 やるまじと思ふ心を取られて,
 先の用かけ、
 殊の外不自由になるなり。

 或る人問うて云ふは,
 心を臍の下に押込めて働かぬも、
 不自由にして用が欠ければ、
 我身の内にて何処にか心を可v置ぞや、

 答へて曰く、右の手に置けば
 右の手に取られて身の用欠けるなり、
 心を眼におけば眼に取られて、
 身の用欠け申し候、
 右の足に心を置けば、右の足に
 心を取られて身の用欠けるなり、

 何処なりとも一所に心を置けば、
 余の方の用は皆欠けるなり。

 然らば即ち心を何処に置くべきぞ。

 我答へて曰く、
 何処にも置かねば
 我が身に一杯に行きわたりて、
 全体に延びひろごりてある程に、
 手の入る時は手の用を叶へ、
 足の入る時は足の用を叶へ、
 目に入る時は目の用を叶へ、

 其の入る所々に行きわたりてある程に、
 其の入る所々の用を叶ふるなり、
 万一もし一所に定めて心を置くならば、
 一所に取られて用は欠くべきなり、

 思案すれば思案に取らるゝ程に、
 思案をも分別をも残さず、
 心をば総身に捨て置き、
 所々に止めずして其の所々に在りて
 用を外さず叶ふべし、

 心を一所に置けば偏に落ると云ふなり、
 偏とは一方に片付きたる事を云ふなり、

 正とは何処へも行き渡ったる事なり、
 正心とは総身へ心を伸べて
 一方へ付かぬを言ふなり、

 心の一処へ片付きて一方は欠けるを
 偏心と申す也、

 偏を嫌ひ申し候、
 万事に堅まったるは、偏に落るとて
 道に嫌ひ申す事なり、

 何処に置かうとて思なければ、
 心は全体に伸びひろごりて行き渡りて
 有るものなり、

 心をば何処にも置かずして
 敵の働きによりて、当座々々、
 心を其の所々にて可用心歟

 総身に渡ってあれば、
 手に入る方には手にある心を遣うべし、
 足の入る時には足にある心を遣うべし、

 一所に定めて置きたらば、
 其の置きたる所より
 引出し遣らんとする程に、
 其処に止て用が抜け申し候、

 心を繋ぎ猫のやうにして余所へ
 やるまいとて我身に引止めて置けば、
 我身に心を取らるゝなり、
 身の内に捨て置けば、
 余所へは行かぬものなり、

 唯一所に止めぬ工夫、
 是れ皆修行なり

 心をばどっこにも止めぬが
 眼なり、肝要なり、

 どっこにも置かねばどっこにもあるぞ、

 心を外をヘやりたる時も、
 心を一方に置けば九方は欠けるなり、

 心を一方に置かざれば十方にあるぞ


と、このように書かれています


治療の中でも同じようにあてはまります。

治療するというところに心を置けば
治療するというところに心をとられます

症状を治そうというところに心を置けば
症状を治そうというところに心をとられます

手が痛いといわれ、手の方へ心を置けば
手の方へ心をとられます

肩がこったといわれ、肩の方へ心を置けば
肩の方へ心をとられます

治そうという心や
症状をなんとかしようという心に
心をとられていると

きちんと全体の把握ができないのと同じだと思います

どこにも心を置かず
全体にいきわたらせる事で
その場、その場の全体図を正確に把握できるのではないでしょうか

常にこのような状態で
治療に望みたいと思っています

治療のみならず、日常生活まで
このような状態になっていきたいとも思っています

東洋医学治療院 くつろか





21:58 | 院長日記 | trackbacks (0) | edit | page top↑

もうすぐ梅雨ですね

東洋医学には「湿邪」という言葉があります。

これは、梅雨時のからだがなんとなくだるい、体調がすぐれない、などの原因の一つとされています。

外の湿度があがりすぎて、皮膚からの発汗などの代謝機能がうまく働かなくなるため
体内の水分がなかなか排出されず、体内にたまってしまう事が原因にあげられます

中耳炎の方は梅雨時になるとひどくなったり
湿潤するタイプのアレルギーや皮膚の疾患(水虫)なども悪化しがちです

体内に影響が及ぶと、消化不良や下痢、便秘、膀胱炎なども引き起こされ易くなるので、気をつけてください。
時に精神不安や不眠症なども起こってきたりします。

身体を冷やすものや、脂っこいものは消化吸収能力を低下させるので、できるだけ避けましょう。


この時期は汗をかくといいので香辛料をとって肺を強くし、発汗作用を強めましょう
またなかなか汗がでないならば、腎臓を強くして、利尿効果を高めましょう
腎臓を強くするのには、天然の塩がいいです。天日塩など。

※玉ねぎの皮
古来、玉ねぎは高血圧、高脂血症、糖尿病を改善するとされてきました。
普段は捨てられる、薄皮にも同じ効果があります。
食べて美味しくない野菜の皮はその刺激に薬効があることと考えられています。

玉ねぎの皮茶の作り方
①玉ねぎ5~6個分の茶色い皮の部分を水洗い
②鍋に1,8ℓの水と①をいれる
③②を強火で熱し、沸騰したら5~6分中火で煮る
④火をとめ皮の部分をこす
⑤冷蔵庫で冷やし、3日くらいで飲む

飲むときに人肌くらいまで温めて飲むと飲みやすいです。

東洋医学治療院 くつろか
15:39 | 院長日記 | trackbacks (0) | edit | page top↑

身体の方向

関節や身体には動きたい方向が、ある。

多分『骨』や、身体を作っている『細胞』自体にも

そえぞれ動きたい方向がある。と思う。

腸にも動きたい方向があるだろうし、骨盤や脊椎にもあるだろう。

臓器にとか、骨とか、肉体とか だけじゃなく

『意識しない部分』には全て、動きたい方向があるのだと思う。

『意識しない部分』は普段、生きていて、意識して動かしてない全ての部分だと思う

人間がこーだったら、自然界の生物は多分、全部、動きたい方向があるのだと思う

木も、花も、土も、水も、地面も、海も、川も、地球も・・?

動かしたい方向を察して、それをちょいと後押し



東洋医学治療院くつろか
11:47 | 院長日記 | trackbacks (0) | edit | page top↑

正月あけ

正月太りと、その回復のこと。

正月、実家にてご飯を食べすぎ、すこし太ったと思ったので節制してみました

食事の量を減らして、ちょっとした呼吸方法で空腹感を紛らわす
これが僕なりのダイエットですが、効果はてきめんです。

3日くらいで3~4キロ減量に成功。

思ったのが、

『少しでも気になったらすぐに実行する』

というのが、体重を落とすのにいいのかもしれません。

体重が増えたまま長いこと放っておくと、
なかなか落ちにくい脂肪にかわるのかも。

東洋医学治療院 くつろか
16:03 | 院長日記 | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。